Latest Work

「△」

“ある日、通りすがりのこの眼を奪った、薄白い布を掛けられた三角形の物体
生きているような、そうでないような、生命体の断片のように見えた
その時からその物体が気になって仕方がない
時とともに細部の記憶は曖昧になり、色は薄れ、境界は不明瞭になっていった
しかしその存在だけは脳内で増大し、少しずつ視覚を圧迫しはじめた”

———


" y o u s e e o n l y w h a t  y o u r b r a i n s e e "



Using Format